Information

学内演奏会を終えて

2010 年 12 月 6 日 月曜日

12月4日 国立音楽大学  電子オルガン 第17回 学内演奏会

お陰様で満席に近い沢山の方に来て頂き、盛況に終わりました。

学生達もそれぞれ心を込めて一心に曲と向き合い、熱演が多かったです。

PA、照明、スタッフ全員電子オルガンの学生(一部OBも)が受け持つ理由は、結果が多少素人風であっても、自分達でコンサートを作り上げることにより、その大変さや術も学び、お互い助け合う大切さや全員で力を合わせて一つのことを成し遂げる素晴らしさを体験し、卒業後の活動に活かしてくれることを目的としています。
「照明はクラシックの多い演奏会には全く必要無い」という考えもありますが、全体のバランスを考え曲が映える様に効果を考えることも表現の大切な一部であり、それを経験してもらいたく、あえて照明を使用しています。

毎回、先輩から後輩へ伝授された手法でのPAや照明が代々受け継がれ、年々成長していっているように思います。

会場に足をお運び下さった方々、有り難うございました。

来年もまた、宜しく御願い致します。  平部やよい