Information

9月2日 基礎ゼミで「お話①」平部やよい (講堂大ホールにて)

2020 年 7 月 31 日 金曜日

(授業の一環ですので関係者のみで一般者の観覧は出来ません)

国立音楽大学では、新入生や3年生に向けて、「基礎ゼミ」という大変ユニークな授業を年度の初授業として行っています。

大学の講師が中心となり、さらに卒業生や在学生も加え、新入生,3年生にオペラや室内楽、又、「お話」の中でも演奏を交えたり、国立音楽大学の講師の特色や授業内容の紹介を兼ねたコンサートや講演を通して、国立音楽大学での「学び」への心構えや「何を学びたいか」「学ぶべきか」を考えさせる授業が行われます。

ユニークなのは、教師も専修の枠を超えグループ分けされ、学生のグループと班になり、クラス授業として演奏会や「お話」前後にディスカッションする時間を設けます。

数日間の「基礎ゼミ」で感じ学んだことをレポート提出させ、それにより新入生には初めての単位が与えられます。

残念ながら今年は、新型コロナウィルス(COVID-19)に翻弄され4月頭にやるべき「基礎ゼミ」が延期になっておりましたが、9月頭に仕切り直し、開催される予定です。

私は10年前にも「基礎ゼミ」の中で、「お話」を担当するご指名を受け、電子オルガンの紹介や演奏、又、学生達の演奏も交えて行いましたが、2020年度にも2回目のご指名を受け、【オリジナリティを育もう!】と題し、演奏やお話と、電子オルガン在学生の演奏も聴いてもらう企画を立てました。

ただ、当初は90分で予定していたプログラムを、コロナ対策の影響の為、60分に短縮したプログラムに組み直さざるを得なくなった為に、私の演奏曲目の数を減らし、さらに自作曲のSax.Quartetの曲の長さを大幅にカットしてでも、一生懸命練習してくれている電子オルガン学生の演奏の方を重視し、少しでも多く色々な電子オルガン演奏を聴いてもらい、可能性を通して、他の科の学生にも彼らの今後の学生生活の見通しを考える上での指針の助けになれば、と考えたプログラムに致しました。

「お話」のキーワードは、『守・破・離』です。

何故、「オリジナリティを育くもう!」と『守・破・離』がどう関係してくるのか⁈は、当日へのお楽しみとしておきましょう。 後日、ここへもご報告をup致します。       

   

9月2日(水) 国立音楽大学

講堂大ホール 13:00開演 (関係者のみ観覧)

基礎ゼミ2020

お話①「オリジナリティを育もう!」平部やよい

1.  電子オルガンを伴う創作音楽劇 《鏡の森》 

   「Travelers」 

  佐藤匠  【作曲、電子オルガン演奏、脚本】(電子オルガン3年)        

  城谷伶 【作曲、照明・PA】(作曲3年)

  永田茉彩 【演劇(主人公役)、作詞、脚本、振り付け】(声楽3年)

  豊岡陽菜 【演劇(泉の精役)、振り付け】(声楽3年)

   Special Thanks

   引地颯・鈴木健生【CG映像】(日本工学院八王子専門学校 CG映像科)

2.  平部やよい作曲作品紹介       

   「Satisfaction」

「倖せヲ呼ぶ嶌」~for Saxophone Quartet~

   Sop.  山本涼子(4年)  Alt.  樋口みのり(4年)

   Ten.  高野志穂(4年)  Bar.  小林実鈴(ディプロマ)

3.  電子オルガン現役生のオリジナル曲演奏

 「Morse」 長嶋怜奈(4年)

「Danza de la danza」 佐久間美生(4年)

           

もちろん、新型コロナウィルス対策として、大ホールでは2席間隔を空けて着席させるソーシャルディスタンスや、検温、消毒 等、、「密」にならないように3年が大ホールで観覧している時間に、新入生は別の場所でオペラの映像を見る 等、対策をしっかり行った上で大学内の関係者のみでの開催となります。

月刊エレクトーンへの掲載記事及び楽譜のご案内

2020 年 1 月 30 日 木曜日

2019年9月号「出会いの一曲」平部やよい

2019年12月号 未来へつなぐ60年史 《エレクトーン・クロニクル》より抜粋

2020年2月号 《プリセットで弾けるポップクラシック》平部やよいアレンジ「メリー・ウィドウ・ワルツ」

続きは雑誌をご覧下さい。

国立音楽大学電子オルガン 学内演奏会 開催報告

2019 年 11 月 15 日 金曜日

例年開催している国立音楽大学 電子オルガンの学生による学内演奏会を、12月7日(土)に開催致しました。

事前に告知したつもりが、アップロードに問題があり、事後報告となりました。

PA, 照明, その他 全て学生が一団となり創り上げるコンサート。

今年は、昨年と違いバタバタせずに成功に終えることが出来ました。

ご来場下さった方々、有難うございました。

2019年 12月7日(土)    開場14:30 開演15:00

国立音楽大学 6-110 スタジオ

立川市柏町5-5-1

ー 第26回 電子オルガン学内演奏会 2019 ー

濱谷優希 / 煌々たる未来へ / 濱谷優希

石井美澄 / Khamsin ~ 廓寥の砂嵐 ~

山﨑久瑠見 /「四季」より 春・秋 

成島桃華 / 桜の舞 / 不詳 

矢島優美 / 超絶技巧練習曲 第4番"マゼッパ"

村上舞 / クロノスタシス / 村上舞

佐久間美生 / It’s All Right With Me / Cole Porter             

          共演  Electone 佐久間理都

大石聖綺 / Forth / 大石聖綺

佐藤七海 / Stay Woke / 佐藤七海

長嶋伶奈 / Morse / 長嶋伶奈

佐藤匠 / In the Woods / 佐藤匠

森花音 / Labyrinth / 森花音

《平部やよい創作講座》~モチーフ作りと展開を指導するには何が必要?~ inスガナミ楽器

2019 年 7 月 26 日 金曜日

《平部やよい創作講座》

先日、スガナミ楽器で《平部やよい創作講座》~モチーフ作りと展開を指導するには何が必要?~ いうテーマで、作曲, 編曲, 即興にも通じる基本ポイントを演奏しながら講座して参りました。

会場はスガナミ楽器 多摩センターのホールで、講師の先生方65名くらいが参加されました。

今年の4月より38年間の財団法人ヤマハ音楽振興会の専属エレクトーンプレイヤーから転じ、フリーの作,編曲家,エレクトーンプレイヤーエレクトーンプレイヤーとして新たに活動開始しました。

生活にも非常に便利そうに整備された街である京王多摩センター駅から徒歩3分の、坂の上のショッピングモール「ココリア」の4階にあるスガナミ楽器 多摩センターのホールで、講師の先生方65名くらいが参加されました。

ELS-02Cに設置して頂いたスタンドマイクで話しながらの演奏、ほとんど弾いていた時間の方が長いでしょうか?

なるべく分かり易いように「音」をだしながらの解説し、10ページに及ぶ資料をもとに、美しいメロディの作り方やモティーフの展開の仕方、リハモナイズ、転調の仕方の例 など、二時間がアッと言う間 でした。

先生方の中に、昔教えたことのある生徒さんの顔も何人か見え、終了後に話しが弾みました。

Chick Corea のLive 最高!

2019 年 4 月 8 日 月曜日

チック・コリアのBLUE NOTE でのLiveに行って来ました。

2013年発表のアルバム『トリロジー』ではグラミー賞2部門に輝き、12月5日(水)には最新作『トリロジー2』を発表したばかりのチック・コリア(p)、クリスチャン・マクブライド(b)、ブライアン・ブレイド(ds)の3人によるチック・コリア・トリオ9年ぶりの来日ツアーです。

「ラ・フィエスタ」のテーマをあからさまにはなかなか出さずに、チック・コリアの悪戯っぽい問いかけから始まり、頂点に達したものだけが出せる余裕のある“音での対話”がそこかしこに煌めき、良く歌うクリスチャン・マクブライドのベースに、繊細な中にも茶目っ気のあるブライアン・ブレイドのドラムが、

『音で遊ぶ』とはこういうこと!と言わんばかりに畳み掛け、極上の刻を頂きました。

やっぱり、Chick CoreaのLiveは最高!!

『ル・コルビジェ 絵画から建築へ ピュリスムの時代』

2019 年 4 月 8 日 月曜日

『ル・コルビジェ 絵画から建築へ ピュリスムの時代』を観覧して来ました。

今回は、大好きな「ノートルダム デュ オー礼拝堂 (ロンシャン礼拝堂) に関する展示はありませんでしたが、ル・コルビジェが日本に唯一残した建築物である[国立西洋美術館]で観覧できた事にも大変意義があると感じました。

ル・コルビジェ(本名シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ)が「ロンシャン礼拝堂」を建築するまでに辿り着く以前の時代の流れがよく解り、“キュビズム”と“ピュリスム”の比較や共通点も見出され、興味深い展覧会でした。

母がピアノ教師であったル・コルビジェは、その影響もあるのか? よく使われるているモティーフのガラス瓶やパイプと一緒に、ギターやギターケースや楽譜やピアノの鍵盤を思わせるデッサンが数多くデフォルメされています。

第一次大戦後のキュビスムを代表するパブロ・ピカソ、ジョルジュ・ブラック、フェルナン・レジェ、などの絵画により、ル・コルビュジエが多大な刺激を受けた1920年代パリの前衛美術界再現されていました。

私の好きなジョルジュ・ブラックの作品は

ですが、それらの影響も受けていたことを知れて、ますますル・コルビジェの絵画に興味が湧きましたし、さらに、私が興味深かったのは、“ピュリスム”をル・コルビジェと一緒に提唱したアメデ・オザンファンが描いた「和音」というタイトルの絵画でした。

「和音」

国立音楽大学の学生のYEC(ヤマハエレクトーンコンクール)ファイナルでの受賞歴

2019 年 3 月 31 日 日曜日

国立音楽大学は、電子オルガン(エレクトーン)科の名前が当初の『応用演奏学科』から『電子オルガン』にカリキュラム改変に伴い15年前に名前が変更されましたが、国立音楽大学にエレクトーン関連の科が出来てから現在で25年になり、その間、YEC(ヤマハエレクトーンコンクール)にエントリーし、優秀な成績を収めた学生が数多く存在致します。

現在の国立音楽大学 の様子

ファイナル3位未満は多く存在しますので省略致しますが、彼らの功績を振り返りながら掲載してみたいと思います。

過去YECの国立音楽大学 応用演奏学科 及び 電子オルガン生 並びに卒業生のエレクトーンコンクール ファイナル受賞歴

【1位受賞】内海源太、安藤禎央、寺田志保、岩崎孝昭、鈴木亜美、坂本有生、大畑莉紗、平田翼

【2位受賞】 中野正英、鈴木麻理奈、鎌田あゆ美、佐久間美生

【3位受賞】 森花音 (3位未満省略)

今後も、実質、日本に電子オルガンコースが存在する教育機関の代表格としての存在感を大切に、過去教鞭を取って下さった諸先生方に恥じないよう、さらなる高みを目指し、電子オルガンのエレクトーンの素晴らしさを伝えるべく、今後も学生達の育成に精進したいと思っております。

国立音楽大学 鍵盤楽器専修電子オルガン専任講師 平部やよい

国音 電オル生が月エレ[ハッピースクールライフ]に掲載されました。

2019 年 3 月 5 日 火曜日
月刊エレクトーンの[ハッピースクールライフと題しスクールライフを楽し学生が紹介されるコーナーに、3月号で国立音楽大学 電子オルガン4月より3年生になる佐久間美生さん、長嶋伶奈さんが掲載されました。

電子オルガンのみでなく、国内を代表する楽器学資料館や、国立音楽大学の「今」が垣間見れ、新しく建設された7号館の姿も掲載されています。

国立音楽大学 電子オルガン 卒業コンサート

2018 年 12 月 13 日 木曜日
先日の学内演奏会にご来場下さった方々、有難うございました。
学生達の慣れない進行など、お見苦しい所もございましたが、失敗もよい経験になったと思い、反省会と共に次回への見直しをするようです。
さて、国立音楽大学 電子オルガン 25期の卒業生有志による卒業コンサートをお知らせ致します。
これは、さらに100%自分達の企画により、学生運営のコンサートです。
是非、皆さまお誘い合わせの上、各学生の4年間の集大成をお聴き頂ければ幸いです。

2019年 3月1日(金)

たましんRISURUホール (立川市民会館 小ホール)

開場 17:30 開演 18:00

国立音楽大学 第25回電子オルガン学内演奏会 2018 ご案内

2018 年 11 月 28 日 水曜日

国立音楽大学 鍵盤楽器専修 電子オルガンの学生による学内演奏会を開催致します。

毎年、学生の一年間の勉強の成果を発表する場として、事前にオーディションして選ばれた作品が発表されます。

今年は、YECのファイナルに出演する学生も3名(卒業生も含めると4名)含まれ、充実した内容となっております。

運営は全て学生が行なっており、PA, 照明, 広報, その他 代々の係りが後輩に伝授し、行われております。

照明なども、卒業してからのそれぞれの進路にも役立つように、少しコンサートとしては過度な部分もあるかもしれませんが、学生に経験値を積ませる為に見守っております。

国立音楽大学 電子オルガン生が一丸となったイベントを是非、皆さま聴きにいらして下さい。

2018年 12月8日(土)開場14:40 開演15:00

国立音楽大学 6-110 スタジオ

ー 第25回 電子オルガン学内演奏会 2018 ー

佐藤七海 / Serendipty / 佐藤七海

山﨑久瑠見 / Caprice Viennois / Kreisler

濱谷優希 / 水彩の日々 / 濱谷優希

伊藤僚馬&釣見倭士 / Partita for Orchestra / Walton

大石聖綺 / Marvelous space / 大石聖綺

佐藤匠 / Ma Mere L’oyeより / Ravel

小出菜月&関本美央 / Do it ! / 吉田 治

釣見倭士 / アナムネシス(ἀνάμνησις)/ 釣見倭士

共演 Alt.Saxophone 大島公平

関本美央 / Suddenly / 関本美央

市川愛美 / 前奏曲 第1集より / Debussy

長嶋伶奈 / traitor 〜反逆者の慟哭〜 / 長嶋伶奈

森花音 / Starlight Fantasy / 森花音

小出菜月 / glow / 小出菜月

佐久間美生 / Danza de la danza / 佐久間美生